七五三を記念に残すならプロに撮影を依頼しよう

女の人

用途に合わせて利用

撮影スタジオ

大阪にあるフォトスタジオでは様々なニーズに合わせた利用をすることが可能です。しかしながら、繁忙期には希望の日時の予約が取れないこともあるため、早めに予約することをおすすめします。人生の節目や大切なイベントにおける、自分の綺麗な姿を残すことができるのが特徴です。

詳細を確認する

美しい写真を撮るのなら

スタジオ

プロのカメラマンに撮ってもらう写真は素人の写真とは出来が違います。記念の写真やプロフィールの写真はフォトスタジオでのワンランク上の撮影をお勧めします。大阪にはフォトスタジオも多く様々な撮影が可能で、出張などにも対応してくれます。

詳細を確認する

早めの準備が必要

カメラ

値段が違います

七五三に限らずイベントがある時期に写真撮影を予約しようとすると、都合の良い日や時間帯が空いていないことがあるので注意が必要です。七五三は11月15日前後に行う人が多いため、写真を撮る人もこの時期に集中します。お参りも写真撮影も同じ日に済ませたほうが1日で済むかもしれませんが、3歳児や5歳児は飽きてしまい疲れた顔で写真を撮ることになる場合もあります。家族が気持ちよく過ごせる七五三にするために、写真を撮る日とお参りする日をわけるというのも一つの方法です。また、11月以前に写真を撮ると料金が安くすみます。選べる衣装も多く、撮影した写真をゆっくり選ぶ時間もあります。外出する予定が増えますが、余裕をもって撮影に臨むことができます。

記念の品も写真に残します

七五三の写真を撮影するときには、七五三の特徴を写真に入れるようにすると雰囲気が出ます。定番なのは、千歳あめを持って撮影する方法です。千歳あめは、引っ張ると伸びることから、子どもの健康を願う縁起物として伝えられています。撮影スタジオにも千歳あめの袋が用意されているところが多いですが、自分で買ったものや神社でいただいたものなど思い入れのある千歳あめがあれば、撮影時にも持参すると記念になります。また、千歳あめ以外にも、その年の記念の品があれば一緒に撮影すると素敵な写真になります。衣装は、和装はレンタルで済ませ、洋装は入園や入学式にも着られる洋服を購入して七五三の撮影でも着用するのがおすすめです。和装は成人式や結婚式など着る機会が少ないため、レンタルが便利です。

お祝いや記念に現場で撮影

カメラ

出張撮影は、最近ではとても人気のあるサービスであり、記念やイベントなどで利用されることが多いです。スタジオ以外の場所で撮影ができるため、いろいろな背景から自然な姿を撮影していくことができます。東京には数多くの名所があるため、それを活かしていくためにはこのような出張撮影が適しています。

詳細を確認する